トリドール【3397】の株主優待が拡充! 利回りや業績は?

3397 トリドールホールディングスが株主優待を拡充しました。

【従前】

9月権利確定

100円割引券

  • 100株以上 500株未満  20枚綴り( 2,000円相当)
  • 500株以上1,000株未満  60枚綴り( 6,000円相当)
  • 1,000株以上       100枚綴り(10,000円相当)

【拡充後】

3月・9月権利確定

100円割引券

  • 100株以上 500株未満  20枚綴り( 2,000円相当)
  • 500株以上1,000株未満  60枚綴り( 6,000円相当)
  • 1,000株以上       100枚綴り(10,000円相当)

 

トリドールの株主優待の利用可能店舗は

トリドールホールディングスのホームページに記載の店舗すべてで利用できます。

しかしながら、下記の店舗は対象外となります。

  • 晩杯屋
  • ベコ太朗
  • ずんどう屋
  • SO CAFE
  • fufu
  • 丸醤屋イオンモール苫小牧店(北海道)
  • 麺屋通りイオン三笠店(北海道)
  • 麺屋通り 小田原ラスカ店(神奈川県)
  • 長田本庄軒T-teeecute立川店(東京都)/長田本庄軒パサール
  • 幕張上り店(千葉県)

トリドールの株価や業績は

トリドールは平成30年9月決算が悪化しました。

売上収益は719億81百万円(前年同期比28.5%増)と前年同期比を大きく上回ったものの、営業利益は41億22百万円(前年同期比6.8%減)、税引前四半期利益は41億28百万円(前年同期比6.5%減)いずれも減少しました。

その結果株価が前日比245円安の1,811円と下落しました。

しかしながら、主な収益減少要因が地震や台風による天災によるものです。

減益は一時的なものになる可能性が高いでしょう。

配当が30円予定なので、株主優待と配当を合わせた利回りは(3,000分の配当+4,000円分の株主優待)/1,811=約3.85%とそこそこ魅力的な水準です。

買いのチャンスかもしれませんね。

 

逆にいえば今後決算がある外食産業については地震や台風の影響により業績が低迷する危険性があります。

特に北海道を主体に事業展開している企業については注視が必要かもしれません。


MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

カテゴリー

人気記事

アーカイブ