GMOクリック証券の評判や特徴・手数料を個人投資家が徹底リサーチ!

GMOクリック証券は大手グループが運営する証券会社です。

CFDや株式投資に興味のある初心者の中には、

「GMOクリック証券ってどんな証券会社?」

「初心者にもおすすめかどうか知りたい」

と疑問に感じている人がいるのではないでしょうか。

 

この記事では、実際にGMOクリック証券を利用している投資歴5年のライターが、GMOクリック証券の特徴やサービス内容・手数料・メリット・デメリットについて解説します。

最後まで読めば、投資初心者がGMOクリック証券について理解し、安心して投資の第一歩を踏み出せるようになりますよ!

1.GMOクリック証券の特徴3選

GMOクリック証券は2005年に設立された、GMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社です。

また、大手のIT企業であるGMOインターネット株式会社の孫会社でもあるため、大きな経営母体を持っています。

ここではGMOクリック証券の特徴を3つ解説しましょう。

(1)NTTの調査でネット証券部門第一位を獲得

GMO 評判

出典:GMO Internet Group|ニュース

NTTコムオンラインが実施する「NTTコム オンライン NPS®ベンチマーク調査 2020」で、GMOクリック証券はネット証券部門第1位となりました。

この調査では、家族・友人におすすめしたいネット証券かどうかをリサーチしています。

調査対象企業は全6社で、GMOクリック証券はその中で1位を獲得しているのです。

(2)CFD・株式をはじめとして多くの商品に投資できる

GMOクリック証券では、CFD・株式・債券・投資信託など多くの金融商品を取り扱っているのです。

そのため、1つの証券会社で口座開設すれば、様々な投資にチャレンジできます。

証券口座開設時にCFDやFX口座も一緒に開設できるので、投資を検討している方はぜひ開設してみましょう。

(3)取引ツールが豊富

GMOクリック証券は取引ツールが豊富です。

GMO 評判

出典:GMOクリック証券|取引ツール

このように投資の種類別にPC向け・スマートフォン向けにツールが提供されています。

特にスマホのツールは画面が見やすく、チャート上にラインを引き、テクニカル指標を表示させて分析できます。

2.GMOクリック証券の代表的なサービス内容

GMOクリック証券では、下記のような様々な種類の金融商品を取り扱っています。

GMOクリック証券の取扱商品

  • 株式取引
  • 投資信託
  • 先物オプション
  • FXネオ
  • 外為オプション
  • くりっく365
  • CFD
  • 株価指数バイナリーオプション
  • maneo
  • 債券
  • NISA
  • 未成年口座

近年GMOクリック証券は、CFDのサービス拡充にも力を入れています。

先日某コンビニを訪れると、こんなキャッチフレーズのCMが流れていました。

投資のコンビニ出典:GMOクリック証券公式サイトより

CFDとはどのようなサービスで何が便利なのか?

GMOクリック証券におけるCFDの代表的なサービス内容を3つご紹介します。

(1)CFDのサービス内容① 豊富な銘柄数

GMOクリック証券で取り扱われている銘柄は、株価指数CFD・商品CFD・バラエティCFD・株式CFDの4種類で、合計133銘柄(2021年4月19日時点)。

日経225・米国S500・原油・金を始めとした銘柄に投資できます。

他にも、Amazon、コカ・コーラ、アリババ、ファイザー、テスラなどの有名企業もCFD投資可能です。

(2)CFDのサービス内容② 豊富な注文方法

CFD取引では、下記の注文方法を利用できます。

CFDの注文方法
  • スピード注文
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • トレール注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文

トレードスタイルによって、注文方法を使い分けたい方に向いています。

(3)CFDのサービス内容③ CFDのデモ取引を利用できる

上記したPC・スマホアプリを使用し、CFDのデモ取引を利用できます。

加えて、PCブラウザ上でデモ取引も可能であるため、インストールせずにCFD取引の練習ができるのです。

3.GMOクリック証券の手数料は?CFDと株式取引の手数料を解説

GMO CFD

証券会社の利用時は、取引手数料やスプレッドといった手数料が発生します。

CFDと株式取引で発生する手数料を解説しましょう。

(1)CFDの手数料

GMOクリック証券のCFD取引では、取引手数料とロスカット手数料は発生しません。

必要な手数料は下記の通り。

CFDの手数料
  • スプレッド
  • 価格調整額
  • 金利調整額
  • 権利調整額

スプレッドとは、各銘柄によって発生する売買価格差のこと。

株価指数・商品CFDのスプレッドは次の通りです。

GMO 評判(※2021年4月20日時点)
出典:GMOクリック証券|レート一覧

また、調整額の発生は銘柄により異なります。

GMO 評判

出典:GMOクリック証券|CFD 取引ルール

価格調整額は一定期間を超えてポジションを保有する時に発生。

金利調整額は証券会社の金利負担により発生し、オーバーナイト金利とも呼ばれます。

そして権利調整額は株式関連のCFDで発生する配当を指すのです。

(2)株式取引の手数料

株式の現物取引は次のような2つのプランが用意されています。

GMO 評判

出典:GMOクリック証券|手数料

 

1日定額プランの場合、約定代金20万円までであれば234円で利用可能です。

それに対して1約定ごとプランの場合、約定代金10万円までであれば96円で利用できます。

1日の取引回数が多い方は1日定額プラン、取引回数が少なめの初心者は1約定ごとプランにすると良いでしょう。

4.GMOクリック証券を利用するメリット

GMO 評判

GMOクリック証券を利用するメリットを解説します。

(1)バイナリーオプションやオプション取引のデモ取引が可能

GMOクリック証券では、下記のデモ取引が可能です。

利用できるデモ取引
  • FXネオデモ取引
  • 外為OPデモ取引
  • CFDデモ取引
  • 株BOデモ取引

株式や債券投資と比べると、CFDやOP(オプション)、BO(バイナリーオプション)を実際に取引している人は少なめ。

経験せずに本番から始めるのは心配ですよね。

 

GMOクリック証券ならCFDやOP取引のデモ取引を通して、練習が可能です。

(2)CFD取引で「セーフティバルブシステム」を採用

CFDのロスカットレートは各ポジションで異なり、一定水準の証拠金を下回ったポジションは強制決済されます。

この仕組みをセーフティバルブシステムと呼びます。

 

例えばセーフティバルブシステムを採用している証券会社で、日経225・金・原油の3ポジションを持っていたとしましょう。

仮に金の価格が暴落した場合、ロスカットされるのは金のポジションだけであり、日経225・原油のポジションには影響ありません。

 

一方でセーフティバルブシステムを採用していない場合、金の暴落によって口座残高全体の証拠金が一定水準を下回れば、全ポジションがロスカットされます。

以上のようにGMOクリック証券のCFD取引なら、相場の急変時にロスカットを最小限に食い止められるのです。

5.GMOクリック証券を利用するデメリット

GMOクリック証券の利用を検討している方は、メリットだけではなくデメリットも押さえておきましょう。

(1)iDeCoの利用はできない

GMOクリック証券ではiDeCoを利用できません。

iDeCoとは個人型確定拠出年金であり、個人で備える私的年金制度です。

毎月一定額を拠出して老後資金を備えつつ、年間の拠出額を控除できるため、資産運用と節税を同時に実施できます。

iDeCoを検討している方は、別の証券会社を利用しましょう。

(2)外国債のみで日本国債はない

GMOクリック証券で取引できる債券は外国債のみ。

外国債の利率は高めであり、特に先進国・新興国の国債であれば、高い利率で効率的な運用を期待できます。

しかし個人向け国債のように、低リスク・低リターンな投資を検討している方もいるでしょう。

 

GMOクリック証券では日本国債に投資できないので、ご注意ください。

6.GMOクリック証券を使った体験談

GMO 評判

実際にGMOクリック証券を利用している方の体験談をご紹介しましょう。

投資歴5年の筆者によるレビューと、その他のユーザーの声を挙げていきます。

(1)投資歴5年の筆者がGMOクリック証券を利用した感想

筆者はGMOクリック証券でFXトレードをしていました。

実際に利用して良かった点、改善したほしいと思った点をお伝えします。

#1:スプレッド、約定力に問題なし

GMOクリック証券のスプレッドは狭く、スキャルピング・デイトレードに適しています。

また約定力は強く、スリッページが発生するケースも稀でした。

#2:「シングルサインオン」を導入している

シングルサインオンとは、1つのIDとパスワードで全てのサービスを利用できるシステムのことです。

GMOクリック証券のサイト上では、同じIDとパスワードを使ってFXやCFD・株式を取引できるので、円滑にログインできます。

#3:アプリに不具合が見られるケースあり

GMOクリック証券のスマホアプリには、改善すべき点がいくつか見られます。

筆者がアプリを使用し、下記のような不具合が見られました。

  • チャート上に引いたラインが消える
  • 保有したポジションがすぐに反映されない

そのため、外出先でトレードする際は注意が必要です。

#4:取引単位が1万通貨から

GMOクリック証券は取引単位が1万通貨からです。

FX取引所の中には1,000通貨で取引できるところもあるため、他の取引所と比べて必要証拠金が大きくなりがち。

初めてFX取引する方にとって、GMOクリック証券は不向きであるかもしれません。

(2)GMOクリック証券の評判・口コミ

GMOクリック証券の評判・利用者の口コミを見てみましょう。

Twitterでは、アプリやデモトレードの使いやすさを評価する声が多く見られました。

特にCFDはスプレッドが狭く、取引手数料の負担もないので、投資初心者にとって利用しやすいと分かります。

7.GMOクリック証券で口座開設するための3ステップ

GMOクリック証券で口座開設する流れは、下記の3ステップです。

口座開設3ステップ
  1. 必要情報を入力
  2. 必要書類をアップロード/郵送
  3. 口座開設の審査結果を待つ

それぞれ解説します。

(1)必要情報を入力

始めにGMOクリック証券のトップページへアクセスします。

GMO 評判

次に、「口座開設」をクリックしましょう。

GMO 評判

2種類の口座を案内されます。

「証券取引口座(かんたん口座開設申込)」をクリックしましょう。

GMO 評判

名前・生年月日・性別・郵便番号・電話番号・国籍などの個人情報を入力します。

GMO 評判

一緒にFX・外為オプション・CFD・株価指数バイナリーオプション口座の申し込みが可能なので、興味のある投資があれば、ぜひ申し込んでみましょう。

GMO 評判

次に投資に関する質問に答えます。
投資目的や年収・投資可能金額などを入力してください。

(2)必要書類をアップロード/郵送

必要情報の入力が完了したら、必要書類を提出します。

必要書類は下記の通り。

口座開設に必要な本人確認書類

本人確認書類として使えるものはこちらです。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し  など

GMO 評判

なお、提出方法は下記の3種類があります。

①スマホでアップロード
②PCでアップロード
③郵送

運転免許証とマイナンバーカードが手元にあれば、スマホでアップロードする方法ですぐに申請可能です。

利用する書類が健康保険証などであれば、PCでアップロード、もしくは郵送します。

(3)口座開設の審査結果を待つ

必要書類を提出した後は、口座開設の審査結果を待ちます。

審査に通れば口座開設完了です。

▼▼口座開設はこちら▼▼

8.GMOクリック証券で現在実施しているキャンペーン

GMO 評判

出典:GMOクリック証券|はじめてのFX口座開設+お取引で最大30,000円キャッシュバック!

2021年4月現在、GMOクリック証券ではFX口座を開設した方を対象に、キャッシュバックのキャンペーンを実施しています。

口座開設後、新規約定した通貨数に応じてキャッシュバックを受け取れます。

GMO 評判

出典:GMOクリック証券|はじめてのFX口座開設+お取引で最大30,000円キャッシュバック!

例えば100~500万通貨の取引で1,000円、そして最大で3,000万通貨以上の取引により3万円受け取れるのです。

ただしキャッシュバックの対象となるのは新規注文のみであり、決済注文は対象外ですので、ご注意ください。

まとめ

今回はGMOクリック証券の評判や口コミ・メリット・デメリットを解説しました。

GMOクリック証券はNTTの調査でネット証券部門第一位を獲得した実績があり、投資商品や取引ツールが豊富です。

さらに手数料によるコストを抑えられる強みがあり、CFD取引であれば、取引手数料やロスカット手数料は発生しません。

仮にCFD取引で大きな含み損を抱えてしまっても、GMOクリック証券はセーフティバルブシステムを採用しているので、ロスカットによる損失を最小限に食い止められます。

これから投資を始めようと考えている方は、ぜひGMOクリック証券で口座開設してみてはいかがでしょうか。

▼▼GMOクリック証券の公式サイトを見る▼▼

※ライター:池田昇太

Betmob|投資家ブログまとめメディア



渡辺 広康

渡辺 広康公認会計士・税理士

記事一覧

【監修者】在学中に公認会計士資格を取得。金融機関等へのコンサルティング業務を経験し、M&Aや会計コンサルティング業務、投資・資産運用に対するアドバイザリー業務を行っている。

関連記事

LINE証券

SBIネオモバイル証券

PayPay証券

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ