【2021】アップルに株主優待はある?iPhoneをお得に購入できる株主優待とあわせて解説

「iPhoneなどのアップル製品が好きだから、株主優待目当てに株を買いたい」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかしiPhoneの販売で有名なアップル(Apple)には、株主優待はありません。

アップルの日本法人が日本で上場していないため、当然、日本独自の制度である株主優待もないのです。

そこで、この記事では

  • 株主優待がない理由と上場の可能性
  • iPhoneをお得に購入できる株主優待のおすすめ

について、株に詳しくない方でもわかりやすく案内します。

「アップルの株主優待について知りたい」「iPhoneをお得に購入したい」という方は、参考にしてください。

株主優待の購入におすすめの証券会社を、以下の記事で紹介しています。あわせてご覧ください。

▼▼株主優待デビューするなら、楽天証券をチェック!▼▼

楽天証券

アップルに株主優待がない理由は3つ

アップルに株主優待がない理由は下記の3つです。

  1. アップルが外資企業だから
  2. 日本法人のApple Japan合同会社が上場していないから
  3. 日本で資金調達する必要性がないと考えられるから

順番に説明していきます。

アップルが外資系企業だから

アップル本社の株式は米国市場で上場しているため、株主優待はありません。

「株主優待」は元々、日本の株式市場独自の制度です。

アメリカや欧州などの諸外国では、「配当で株主還元をすべき」という考えが根付いています。

したがって米国市場でアップル【AAPL】の株を買っても、株主優待を得ることはできません。

米国市場では、原則として株主優待はないことを覚えておきましょう。

Apple Japan合同会社が上場していないから

アップルは米国の企業ですが、日本にはApple Japan合同会社があります。

日本法人が日本の株式市場で上場すれば、株主優待を受け取れる可能性があるでしょう。

しかし「合同会社」という形態では、そもそも上場できません。そのためApple Japan合同会社の株主優待もないのです。

一般投資家がアップルの株を買う場合の選択肢は、米国本社のアップル【AAPL】株のみとなります。

ただしアップル【AAPL】株の取扱い区分は「外国株」。

国内株の取引口座では投資できず、外国株取引口座の開設が必要となるので覚えておきましょう。

日本で資金調達する必要性がないと考えられるから

なぜアップルの日本法人Apple Japan合同会社は、上場できない「合同会社」という形態を取っているのでしょうか。

上場をする予定であれば、最初から「株式会社」で設立していたはずです。

理由は日本の株式市場で上場するメリット、つまり資金調達する必要がないと考えられているのではないでしょうか。

一般的に、企業が上場するメリットは株式発行による資金調達と、上場による企業イメージ・信用力向上などがあります。

しかしアップルは、iPhoneを筆頭に確固たるブランドと独自の世界を確立している大企業。

米国本社のアップル【AAPL】の時価総額は2兆ドルを超えており、その規模は2021年2月時点で世界一位です。

米国市場という巨大なマーケットで潤沢な資金調達をできている企業が、わざわざコストをかけて日本の上場市場で資金調達する必要はないだろう。

これが筆者の見解です。

アップルが日本の市場について明言したわけではありません。

ただ、始めから「合同会社」としていることから、あながち間違いではないと思われます。

▼▼株主優待デビューするなら、楽天証券をチェック!▼▼

楽天証券

今後アップルジャパンが株主優待を導入する可能性はほぼゼロ

今後Apple Japan合同会社が株主優待を導入する可能性はほぼゼロです。

先ほどもお伝えしたとおり、「合同会社」は日本の株式市場に上場できません。

もし日本での上場を考えているのであれば、最初から日本法人を「株式会社」にして設立していたはずです。

万一上場したとしても、ブランドにこだわるアップルが株主優待制度を積極的に導入することも考えにくいです。

米国株のアップル【AAPL】においても、株主優待のような株主向け特典が導入される可能性は限りなく低いのではないでしょうか。

それでもiPhoneをお得に購入したい方へおすすめの株主優待

上記のとおりアップルは現在も今後も、株主優待を導入することはないでしょう。

「それでもお得にiPhoneを購入したい」という方には、以下の企業の株主優待をおすすめします。

いずれもiPhoneの購入が可能なビックカメラで利用できる株主優待です。

全ての株主優待を利用すれば、最大9,000円分の商品券を獲得できるため、お得にiPhoneを購入できるでしょう。

株主優待目当てで株式投資を始めるときは、どの証券会社がいいか迷いますよね。以下の記事では、おすすめの証券会社を紹介しています。あわせて確認してみてください。

▼▼株主優待デビューするなら、楽天証券をチェック!▼▼

楽天証券

=================

【お知らせ】

MoneyCourt(マネーコート)では、投資初心者向けの最新情報を発信しています。

MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

LINE証券

SBIネオモバイル証券

THEO+docomo

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ