金(ゴールド)をCFDで安くゲット!メリットとおすすめ取引所を解説

2020年8月、金は史上最高値を更新しました。

経済情勢が不安定になる時、金の需要は高まります。

あなたも金投資に興味があるのではないでしょうか?

しかし、
「FXや金は分かるけど、CFDって何?」
「CFDで金に投資すると、良いことあるの?」

と疑問に感じる方もいるでしょう。

この記事では、CFDを始めとする投資歴5年のライターが、CFDで金投資をするメリットやデメリット、そしておすすめ取引所を解説します。

併せて、CFDで注意すべきレバレッジ・取引コスト・スプレッドもご説明します。

最後まで読めば、CFDの基本が理解でき、金投資に関する興味も高まるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

金のCFDとは、売買価格の差で利益を狙う方法

金のCFDとは、金(ゴールド)でCFD(差金決済取引)をすることです。

金をそのまま取引するのではなく、金の価格差を利用して利益を得ていきます。

まずは金とCFDについて、詳しく解説しましょう!

希少性の高い「金」

金は希少価値の高い鉱物です。

はるか昔、各国の中央銀行が通貨を発行する前から、金は取引に用いられてきました。

そして現在でも、金は価値あるものと人々に認識されており、世界中で取引されています。

なお、金の取引方法は下記の通りです。

金の取引方法
  • 金貨
  • 金地金の購入
  • 金の投資信託
  • ETF
  • 純金積み立て
  • 金先物取引
  • 金CFD

金貨・金地金は実物の金を購入する方法になりますが、他の方法では実物を取引しません。

今回は、CFDについて詳しく解説します。

レバレッジをかけて差益を狙う「CFD」

CFD(差金決済取引)とは、売買価格の差を利益とする取引方法です。

つまり、下記の手段で利益を得ます。

CFDで利益を得る方法
・安く買って高く売る
(例)金1gを5,000円で買い、1g5,500円になった時に売る→500円の利益

・高く売って安く買い戻す
(例)金1gを6,000円で売り、1g5,300円になった時に買い戻す→700円の利益

また、CFDでは証拠金にレバレッジをかけ、証拠金の倍以上の金額分を取引するのです。

例えば、10,000円の証拠金にレバレッジ20倍をかければ、200,000円分の取引が可能。

そのためCFDで利益を出せば、レバレッジをかけた分だけ利益が増えます。

ただし、損失も同様にレバレッジ分だけ増えるのでご注意ください。

▼CFDでは他の資産を取引することもできます。NYダウの取引についてはこちらをご覧ください▼

金をCFDでトレードするメリット2点

CFD 金

CFDで金に投資するメリットは、下記の2点です。

それぞれ解説します。

メリット① 売りからでも取引を始められる

CFDには、買いだけではなく売りからでも取引できるメリットがあります。

相場を分析していれば、価格の下落を予想できるケースがあるでしょう。

もし現物取引であれば、自分が保有していない金は売れません。

一方でCFDであれば、金を保有していなくても金を売れるのです。

つまり、金の上昇局面・下落局面の両方で利益を得るチャンスがあります。

メリット② 少額で金を手に入れられる

もう1つのメリットは、少額で金を手に入れられる点です。

上記の通り、CFDではレバレッジをかけて取引します。

そのため、自分の資金額以上の金を購入できるのです。

もし10,000円で金貨や金ETFを購入する場合、10,000円分しか購入できません。

しかしCFDでレバレッジ20倍をかければ、10,000円を証拠金にして200,000円分の金を手に入れられます。

金をCFDでトレードするデメリット2点  

お金

次にCFDのデメリットです。

それぞれ解説します。

デメリット① ハイリスクなトレードになる可能性がある

CFDでは、価格変動によりハイリスクなトレードになる可能性があります。

大きく値動きすれば、証拠金維持率が下回り、ロスカット(強制決済)を受けるかもしれません。

特に金は2020年に高騰し、8月には史上最高値を更新しています。

金の値動き

出典:田中貴金属工業|過去5年間 月次金価格推移

経済情勢が不安定になれば、金の値動きは大きくなりがち。

そのため、CFDで金をトレードする場合、値動きに注意する必要があります。

また、トレード時は証拠金維持率や取引額を調整し、ロスカットにならないよう気を付けましょう。

デメリット② 手数料が発生する

金のCFDで発生する手数料は、下記の通りです。

  1. 取引手数料
  2. スプレッド
  3. 金利調整額

取引手数料は、CFDの売買時に発生します。

なお、取引所によっては取引手数料が発生しません。

 

スプレッドは、購入・売却価格の差です。

取引所ごとに発生するスプレッドは異なります。

取引回数が増えれば、その分スプレッド負担額は大きくなるので、ご注意ください。

 

そして金利調整額は、CFDで金を取引して日をまたいだ際に発生する手数料です。

スワップポイント、もしくはオーバーナイト金利とも呼ばれます。

CFDで金を買った時は金利調整額を受け取り、反対に金を売った時は金利調整額を支払うのです。

 

また、受け取れる(支払う)金利調整額は、取引所により異なります。

事前に取引所のウェブサイトを見て、CFDの金投資にかかるコストについて調べておくと良いでしょう。

金CFD初心者が知っておきたい!注意すべきポイント4選

CFDでトレードする時に気を付けるべきポイントは、下記の通りです。

  1. CFDのトレード方法に慣れる
  2. レバレッジ倍率の上限
  3. 追証の有無
  4. 取引コスト

1つ目は、CFDのトレード方法に慣れることです。

取引所で新規注文・決済注文・取引量の調整方法などを確認し、スムーズにCFDができるようにすると良いでしょう。

そのためには「デモトレード」の活用をおすすめします。

デモトレードでは、仮想のお金を使ってトレードの練習が可能。

多くの取引所で利用できるサービスですので、ぜひご利用ください。

 

2つ目はレバレッジ倍率です。

国内取引所なら、金CFDのレバレッジは20倍。

一方で海外の取引所なら、さらに高いレバレッジで利用できます。

例えばXM Tradingでは、888倍のレバレッジをかけられるのです。

レバレッジが高ければ、少ない証拠金で大きな金額をトレードできます。

そのため、レバレッジ倍率の上限はチェックしておきましょう。

 

3つ目は追証の有無です。

追証とは、トレードによりマイナスになった口座残高に、顧客が残高不足分を入金することを指します。

追証のある取引所であれば、マイナスになった金額を入金しなくてはなりません。

しかし追証のない取引所なら、口座残高の不足分を取引所が清算してくれるのです。

追証なしの取引所を利用すれば、入金額以上の資金を失う心配はありません。

 

4つ目は取引コストについてです。

上記した取引手数料・スプレッド・金利調整額の負担額を、事前に確認しましょう。

どこで金のCFDを始めればいいの?おすすめの取引所2選 

 

取引所を選ぶポイントを4つ解説しました。

しかし初心者の方にとっては、具体的な取引所の検討がつかないでしょう。

そこでおすすめの取引所を2つご紹介します。

①GMOクリック証券

GMO CFD

レバレッジ倍率の上限 20倍
追証の有無 あり
取引手数料 無料
スプレッド 0.4
入出金手数料 ・振込入金(ATM・銀行窓口等):有料
・即時入金サービス:無料
・出金手数料:無料
ロスカット水準 自身で変更可能
取り扱いCFD 株価指数・金・銀・原油・ETF・ETN・REIT・米国株・中国株など

GMOクリック証券は国内のCFD取引所です。

24時間取引サポートを利用できるので、初めての方でも安心して利用できます。

レバレッジの上限は20倍であり、金CFDに必要な最低証拠金は約10,000円。

金CFDを少額から始められる強みがあるのです。

さらに、GMOクリック証券にはロスカット水準を自身で変更できる強みもあります。

ただし水準を下げる場合、証拠金を追加で入金しなくてはならないケースがあるので、ご注意ください。

GMOクリック証券には、「通常の証券口座」と「FXネオ口座」の2種類があります。

CFD取引の場合は、通常の証券口座を開設し、「CFDを利用する」項目にチェックをつけてくださいね!

②XM Trading

XM Trading

レバレッジ倍率の上限 888倍
追証の有無 なし
取引手数料 ・マイクロ口座、スタンダード口座:無料
・XMTrading Zero口座:100,000ドルの取引に対して5ドル
スプレッド 0.3
入出金手数料 無料
ロスカット水準 証拠金50%
取り扱いCFD 株式指数・農作物・金・銀・プラチナ・原油・天然ガスなど

XM Tradingは海外の取引所ですが、日本語に対応しています。

そのため英語に苦手意識のある方でも、利用しやすいのが特徴です。

GMOクリック証券と比べて追証はなく、加えて狭いスプレッドを提供している強みがあります。

しかし銀行送金の場合、一部の国では着金までに5営業日ほど時間がかかるので、ご注意ください。

XM Tradingの公式サイトはこちら

▼なお、他の証券会社の取引条件も気になる方は、こちらの記事もチェック!▼

まとめ

CFDならレバレッジをかけて、少額で金をトレードできます。

金の価値は経済情勢により左右するので、金投資を通じて、経済の理解を深められるでしょう。

今回ご紹介したメリット・デメリット・注意点を押さえて、ぜひ金のCFDに挑戦してみてください。

※ライター:池田昇太

==============

MoneyCourt(マネーコート)では、20代〜30代の投資初心者が今知りたい情報を発信中!

▼▼こちらの記事もご覧ください▼▼

渡辺 広康

渡辺 広康公認会計士・税理士

記事一覧

【監修者】在学中に公認会計士資格を取得。金融機関等へのコンサルティング業務を経験し、M&Aや会計コンサルティング業務、投資・資産運用に対するアドバイザリー業務を行っている。

関連記事

PayPay証券

LINE証券

三井住友カード(NL)

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ