SBI証券×三井住友カード、クレジットカードで投信購入できるサービスを開始

SBI証券三井住友カードは2021年6月30日(水)から、新たな資産運用サービスの提供を開始することを発表しました。

クレジットカードで投信が購入できる「投信積立サービス」、資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」を提供予定です。

SBI証券

クレジットカードでの投資信託購入が可能「投信積立サービス」

SBI証券 三井住友カード

1つは三井住友カードが発行するクレジットカードで、投資信託が購入できる「投信積立サービス」です。

毎月5万円を上限として、三井住友カードが発行するクレジットカードにて投資信託が購入できるようになります。

これにより、SBI証券の口座へ購入に必要な資金を入金する必要がなくなり、利便性の向上が期待できます。

特定口座・一般口座のみではなく、NISA口座やつみたてNISA口座での買付が可能というのもうれしいポイントです(※ジュニアNISA口座は対象外)。

さらに、決済金額の0.5%分のVポイントが付与されるので、投信積立をしながら効率的にポイ活もできるようになります。

対象者 SBI証券に証券総合口座を開設している方
対象商品

投資信託

※積立買付が可能な投資信託に限る

預かり区分

特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座

※ジュニアNISA口座は対象外

買付タイミング 毎月1日
上限金額 5万円/月

SBI証券

資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」

SBI証券 三井住友カード

三井住友カード経由でSBI証券の口座を開設した方には、国内株式などの買付金額や投資信託の保有残高に応じて、SMBCグループの共通ポイント「Vポイント」が付与されるサービスも提供します。

国内株式(現物取引)の場合、手数料コース「スタンダードプラン」およびPTS取引の月間合計手数料の3%相当のポイントが付与されます。

ほかにも、投資信託の保有額や金・プラチナ取引の手数料額、さらに国内株式移管入庫回数などに応じてVポイントが付与されるなど、非常にVポイントが貯まりやすくなっています。

今後は、三井住友カードのVpassアプリ上でSBI証券総合口座の情報を表示したり、Vポイント1ポイント=1円として投資信託の買付に利用できる「Vポイント投資」を順次サービス提供する予定とのことです。

SBI証券

 サービス開始に先駆け、SBI証券ユーザー限定キャンペーンを実施中

SBI証券 三井住友カード

2021年6月のサービス開始に先立ち、SBI証券の顧客を対象に三井住友カードの新規入会・カード利用でVポイントをプレゼントする共同キャンペーンを実施しています。

実施期間は、2021年2月8日(月)~2021年4月30日(金)で、現在SBI証券を利用している方が対象です。

SBI証券ユーザーは、ログインの上でキャンペーン情報をご確認ください。

この機会に三井住友カードへの入会や、SBI証券での口座開設を検討してはいかがでしょうか?

※参照元の公式発表資料

三井住友カードとSBI証券、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」及び資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」開始日のお知らせ(三井住友カード)

SBI証券

MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

LINE証券

SBIネオモバイル証券

THEO+docomo

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ