ドコモ、新プラン「ahamo」を発表 20代の契約者確保へ

12月3日NTTドコモは、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。

月額2,980円で月間データ容量20GBを利用できるだけでなく、1回あたり5分以内の国内通話も無料で利用することが可能です。

サービスの提供は2021年3月を予定しています。

ahamoはドコモが課題としている「20代の契約者の流出防止」を目的とし、ドコモの若手社員が中心となって作成されたそう。

若い世代が独立して個人名義で契約することを前提とした結果、「1人でもお得なプラン」につながったとのことです。

この料金は既存プランである「ギガホ」と「ギガライト」の、中間的な料金プランに相当します。

ドコモの高品質な通信回線を使用できることはもちろん、20GBを超えた場合は1Mbpsの速度でデータ利用が可能な点や、月額1,000円(税抜)で5分を超える国内通話が無料になる点は、利用者にとって大きなメリットです。

一方で申し込み手続きがオンラインに限定されることや、ドコモのキャリアメールが使用できないことについては注意が必要ですが、複雑な契約条件や大きなデメリットはありません。

KDDIの廉価ブランド「UQ mobile」は通信容量20GBで3,980円、ソフトバンクの廉価ブランド「Y! mobile」は通信容量20GBで4,480円のプランを先日発表しましたが、ドコモは自社ブランドで他社よりも安い料金プランを用意したことになります。

総務省は11月20日に「形だけ割安なプランが用意されただけで、携帯料金が下がったと利用者が実感できなければ全く意味がない」と指摘しました。

それに対してドコモの井伊社長は「ahamo以外の既存プランに対しても、利用者の声を意識したシンプルかつお得な新料金プランを考えている」と今後の展開についても言及しました。

今後はギガホ(50GB~無制限)をプレミア、ギガライト(3GB以下)をエコノミーと位置づけることで利用者のライフスタイルに合わせたプランを選べるようにするとのことです。

大手キャリアに先立つ新たな料金プランを打ち出したドコモに対して、KDDI、ソフトバンクはどのような戦略で対抗するのでしょうか。今後の動向に注目です。

参考:

新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表(株式会社NTTドコモ・報道発表資料)

ドコモ、月額2980円で20GBの新プラン「ahamo」提供へ 2021年3月から(IT media)

【dポイントを運用するなら】

MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

PayPay証券

LINE証券

三井住友カード(NL)

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ