女性の転職理由、トップは「年収アップ」、一方転職して後悔した点は「年収ダウン」

2020年12月、女性向け転職サイト「女の転職type」は、転職理由や転職してよかった点、後悔した点など、会員向けにアンケートを実施し2月8日、その結果を公表しました。

アンケートの実施期間は2020年12月10日~12月20日、対象は女の転職type会員です。Web上で調査を行い、789名の有効回答を得ました。

転職したい理由トップは「年収アップしたい」で54.9%

調査結果1
転職したい理由についての質問では、「年収アップしたい」と回答した人は54.9%を占めトップとなりました。

次いで、「仕事内容が不満」が36.0%、「人間関係をよくしたい」が25.5%と、仕事内容や職場の人間関係に悩む人もいるようですね。

また、ほかにも「会社の将来が不安」という回答も22.8%となり、会社の行く末を案じて転職を検討する人も約2割という結果となりました。

「評価に納得感がない(21/2%)」、「休日・休暇が不満(19.8%)」、「残業時間が多い(18.0%)」、「テレワークで働きたい(12.0%)」など会社の待遇面や業務時間などに不満を持つ人も多い結果となりました。

転職して良かった点、後悔している点のトップはいずれも「年収」に!

調査結果2
また、転職して良かったと感じている点、転職して後悔している点についての質問では、いずれもトップが年収関連となりました。

転職して良かったと感じている点のトップは「年収アップできた(23.7%)」、転職して後悔している点のトップは「年収が下がった(21.9%)」と、年収が転職全体の満足度に大きな影響を与えていることがわかりました。

転職して後悔している点については「人間関係がよくない(18.4%)」、「評価に納得感がない(16.0%)」などが上位に挙がっています。

いずれも転職してみないと体感できないことであり、後悔しやすいポイントになっているのかもしれませんね。

転職以外にも年収アップのヒントがある

今回のアンケートでは、年収アップをめざして転職を検討する人が多い実態が浮き彫りとなりました。

しかし、年収アップをめざす方法は転職だけではありません。会社の許可があれば副業を始めるのもいいですし、株式投資や投資信託などで副収入を得る方法もあります。

いまは持っているポイントで投資が始められる「ポイント投資」もブームになりつつありますので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

出典:第16回 転職してどうだった?(女の転職type)

MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

LINE証券

SBIネオモバイル証券

PayPay証券

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ