LINEアプリで手軽にワンコイン投資!概要と方法を詳しく解説

「少額から手軽に投資したいけれど、運用に自信がない」

「株を買ったり、売ったりする手続きがわかりにくい」

と思っていませんか?

この記事では、LINEで気軽に投資できるワンコイン投資について解説します。

ワンコイン投資の方法は2通りあり、どちらもスマホのLINEアプリから手続きできます。

とくにLINEスマート投資のワンコイン投資は、ほったらかしで積み立て・運用してもらえるのでおすすめです!

口座開設が終われば3分もかからず積み立て設定でき、積み立ての一時停止や売却も可能です。

積み立て設定の手順や手数料についても解説していますので、ぜひ最後までご覧になってください。

ワンコイン投資

1.LINEアプリでワンコイン投資する方法は2つ

LINEアプリで投資できるサービスは2種類で、それぞれワンコイン投資できるサービスがあります。

LINEアプリからワンコイン投資するには?
  1. LINE証券の「いちかぶ」
  2. LINEスマート投資の「ワンコイン投資」

LINE証券の「いちかぶ」では、通常100株から取引される国内株式を1株から購入できます。

いちかぶでは東京証券取引所であつかう国内株のうち1,015銘柄を取引でき、安い株で数百円から買える手軽さです

100株貯めると株主権が得られ、株主優待を受けたり、議決権を得られる、株主総会に参加できるなどのメリットがあります。

また、いちかぶでは購入の際にLINEポイントを利用できます。

まとまったLINEポイントがあれば、そのポイントで株が購入できちゃいますよ!

なおLINE証券については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

初株キャンペーン

2.LINEスマート投資の「ワンコイン投資」とは?

(出典:LINEスマート投資

LINEアプリで投資するもうひとつの方法は、「LINEスマート投資」の「ワンコイン投資」を利用することです。

LINEスマート投資は、LINE証券と株式会社FOLIOが提携して提供しているサービスで、

  • ワンコイン投資:500円から投資信託(自動運用)に投資できるコース
  • テーマ株投資:1万円台から好きなテーマ株に投資できるコース

という2つのコースから好きな方を選んで投資できます。

このうち、より少額で取り組めるのが「ワンコイン投資」。その概要は次の通りです。

≪LINEスマート投資 ワンコイン投資の概要≫

積み立て可能金額 500円〜10万円
引き落とし頻度 週1回
投資プラン 1種類のみ
運用対象 米国証券取引所(NYSE/NASDAQ)上場のETFを通じ、全世界の株式・債券・コモディティ(金)・不動産に分散投資
配分の調整
(リバランス)
月1度
手数料 運用報酬料:資産総額の年率1.00%(税込1.10%)
出金手数料:口座から出金する場合、300円/回

参考資料:ワンコイン投資 ホワイトペーパー(FOLIO)

一度積み立てを設定すれば取引銘柄を考えなくても、FOLIOのロボアドバイザーが運用をおこなってくれます。

ロボアドバイザーは、ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」にもとづくアルゴリズムが採用されているので、比較的安心して運用を任せられるでしょう。

投資プランは1種類のみで、リスクを抑えるため債券の投資比率が比較的多くなっています。

運用報酬料は年率1%で、THEOやWealthNaviなど他のロボアドバイザーとほぼ同率です。

ロボアドバイザーで資産を運用するとき積立金の一部が現金として保有され、その中から運用報酬料がまかなわれます。

そのため、積立金と別に運用報酬料を請求されることはありません。

積み立てを解約・売却し口座から出金するときには、300円の出金手数料がかかります。

ワンコイン投資

3.LINEスマート投資 ワンコイン投資のメリットは?

LINEスマート投資 ワンコイン投資のメリットは、次の3つです。

  1. 週500円からロボアドバイザーが運用してくれる
  2. 投資プランが1種類でわかりやすい
  3. かわいいキャラクターと一緒に積み立て投資を楽しめる

数ある少額投資サービスの中でも、少額から気軽に自動運用できるのがワンコイン投資の魅力です!

詳しく解説していきましょう。

(1)週500円からロボアドバイザーが運用してくれる

1つ目は、週500円からロボアドバイザーに任せて運用できることです。

他のロボアドバイザーでは、最低投資金額が決まっていて、たとえばTHEO+docomoは1万円、WealthNaviは10万円からです。

この点、500円からはじめられるロボアドバイザーはごく少数!貴重な少額投資の手段なんです。

日頃からなかなか貯蓄する余裕がない……という方でも、週500円なら取り組みやすいのではないでしょうか?

(2)投資プランが1種類でわかりやすい

2つ目は、投資プランが1種類でシンプルなことです。

投資初心者のうちは投資プラン選びも一苦労ですが、ワンコイン投資なら元々のプランがひとつしかないので、投資先を選ぶ手間が省けて便利ですよ。

ちなみに今のところ最安で投資できるサービスは、松井証券のロボアドバイザー「投信工房」で、100円から運用できます。

しかし投資プランや買付の方法が複数あるので、最初は選び方に悩んでしまうかもしれません。

LINEスマート投資のワンコイン投資は選べる投資プランがひとつ、買付は週1度の積み立てのみとわかりやすいので、迷いなく始められますよ。

(3)かわいいキャラクターと一緒に積み立て投資を楽しめる

3つ目は、かわいいキャラクターと共に資産運用を楽しめることです。

「投資にキャラクターなんて必要ないよ」と思うかもしれません。

しかしTwitterなどの口コミを見ていると、公式キャラの「バフェ」に癒やされながら、楽しく投資をしているユーザーが意外と多いんです!

https://twitter.com/yamasa222/status/1241167532834164736

https://twitter.com/shuma_yoshioka/status/1216223475762790400

少額投資は短期間だと大きな利益にはなりにくいので、長期的に運用するのが成功の秘訣です。

バフェと一緒に資産運用を楽しめば、結果的に積み立ても長続きするかもしれないですね!

ワンコイン投資

4.LINEスマート投資 ワンコイン投資のデメリットは?

一方で、LINE証券のいちかぶや他の投資手法と比べたとき、LINEスマート投資のワンコイン投資にもデメリットもあります。

それは次の3つです。

  1. 積み立てにLINEポイントは使えない
  2. 運用報酬料が1%かかる
  3. 元本割れの可能性がある

それぞれ簡潔に説明していきましょう。

(1)積み立てにLINEポイントは使えない

先ほど、「LINE証券のいちかぶにはLINEポイントが使える」とお伝えしましたが、ワンコイン投資にはポイントが利用できません。

ワンコイン投資はLINE Payからの自動引き落としで投資されるのですが、その際にポイントの使用は指定できないんです。

「ポイントは使いたいけれど積立投資もしたい!」というときは、LINEポイントでいちかぶを購入し、現金でワンコイン投資を行うのがおすすめ。

2つのサービスを使い分けて、より効率的に資産を増やしていくといいでしょう。

いちかぶを購入する際は、LINE証券から手続きをしてくださいね。

初株キャンペーン

(2)運用報酬料が1%かかる

LINEスマート投資のワンコイン投資には、運用報酬料が一律1%かかります。

ただ他のロボアドバイザーでも手数料1%のサービスは比較的多く、手数料の割引があったとしても「投資金額50万円以上」などの条件がつきやすいです。

投資金額が大きい場合は他のロボアドバイザーの利用も考えるべきですが、少額から始めるならあまり気にする必要はないと考えています。

(3)元本割れの可能性がある

これは投資全般に言えることですが、投資には元本保証がありません。

ワンコイン投資の投資先は米国のETFなので、円高・円安といった為替の影響も受けます。

ただワンコイン投資は長期的にお金を積み立てることで、時間的な分散投資が可能になるので、値動きリスクの軽減が期待できます。

このメリットを生かしつつ、生活費を別途確保した上で、余裕資金で投資を始めるといいでしょう。

ワンコイン投資

5.LINEスマート投資で口座開設する方法

ワンコイン投資をはじめるには、LINEスマート投資経由でFOLIOに証券口座を開設する必要があります。

手続きはすべてLINEアプリで完結し、10分もかかりませんよ!

(1)LINE Payアカウントで銀行口座を登録

最初に、LINE Payアカウントを作成し、銀行口座を登録します。

詳しい登録方法は、こちらをご確認ください。

(2)必要事項を入力、本人確認書類を添付

次にLINEアプリから「LINEスマート投資」を開きます。アプリ画面右下の「ウォレット」から「スマート投資」を選択しましょう。

もし「スマート投資」がないときは、「もっと見る」アイコンを押せば表示されます。

そして口座開設の申し込みボタンを押し、メールアドレスの確認や書面の同意、氏名、生年月日、連絡先などプロフィールを入力してください。

証明書類による本人確認が終わったら、証券口座や出金口座などの取引設定をして終了です。

ちなみに確定申告の方法を「フォリオにまかせる(推奨)」にすると、証券口座が特定口座(源泉徴収あり)になるので、年末に確定申告をせずに済みます!

(3)用意する本人確認書類は?

以下のいずれかの本人確認書類が揃っていれば、スマホで本人確認が終わります。

最短で翌営業日には口座開設が完了しますので、とてもスピーディーですよ。

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証+マイナンバー通知カード
  • 運転免許証+マイナンバー入り住民票

もし上記以外の書類(マイナンバー通知カード+保険証、パスポートなど)を使う場合には、郵送受け取りによる本人確認が必要です。

そのため、口座開設まで1週間ほどかかりますのでご注意ください。

ワンコイン投資

6.ワンコイン投資の設定方法は?

口座が開設できたら、さっそくワンコイン投資の設定をしてみましょう!

1分程度でサクっと終わります。

(1)LINEアプリで「LINEスマート投資」を開く

 まずはLINEアプリを開き、右下にある「ウォレット」からLINEスマート投資に遷移します。

LINEスマート投資の画面を開いたら、「目標設定はこちら」ボタンを押してください。

(2)積み立て金額の目標を設定

 次は積み立て金額の目標を設定します。

「旅」「子育て」「車」など選択肢が10種類ありますので、好きな者を選びましょう。

今回は「とりあえず積立」を選択しました。

そうしたら「LINE Payの設定をする」を押し、次画面でLINE Payの利用に同意します。

 LINE Payの設定が終わると、設定する前の画面に戻ります。

(3)積み立て投資をスタート!

元の画面に戻ったら画面を下にスクロールし、「積立投資をはじめる」ボタンを押します。

目標金額と1週間あたりの積立額を設定すると、積立期間の終了目安がシミュレーションされるので、設定の参考になります。

 そのままの金額設定でよければ、「お申し込みへ」ボタンを押しましょう。

口座開設時に設定した取引コードを入れて「申し込む」ボタンを押します。

LINE Payの決済設定画面に進むので「登録」ボタンを押し、確認画面でもう一度「登録」ボタンを押せば、手続きは終わりです!

積立資金はLINE Payアカウントから自動で引き落とされるため、証券口座にあらかじめ入金する必要はありません。

ちなみにLINE証券でいちかぶなどを購入する際は、こちらの記事が参考になりますよ。

ワンコイン投資

まとめ

LINEアプリでできる「LINEスマート投資」では、ワンコイン投資が可能です。

少額投資ならまとまった資金が貯まる前に始められて、長期的な分散投資でリスクを抑えながら、複利効果で利益を増やすことができます。

ときどき運用状況を確認すれば、投資自体への理解も自然と深まっていきますよ。

ぜひ、LINEアプリでワンコイン投資を始めてみてください!

ワンコイン投資

※ライター:鳥飼千愛

渡辺 広康

渡辺 広康公認会計士・税理士

記事一覧

【監修者】在学中に公認会計士資格を取得。金融機関等へのコンサルティング業務を経験し、M&Aや会計コンサルティング業務、投資・資産運用に対するアドバイザリー業務を行っている。

関連記事

LINE証券

SBIネオモバイル証券

THEO+docomo

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ