エポスカードのポイントで投資!tsumiki証券など2種類を徹底解説

「エポスポイントは、ポイント投資に使えるの?」

「そもそも、エポスカードで投資できる?」

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

エポスカードを使うと貯まる「エポスポイント」でも、ポイント投資が可能です!

今回はエポスポイントで投資できる、2種類の方法について解説します。

エポスカードで投資できる証券会社「tsumiki証券」についてもご紹介しますので、ぜひご覧になってください。

エポスカード

1.エポスポイントでできる!2種類の投資

エポスポイントを使ってポイント投資できる方法は2種類あります。

エポスポイントでできるポイント投資
  1. 「tsumiki証券」でポイントを使い、投資信託を購入する
  2. 「エポスポイント投資」サービスでポイントを運用する

さっそく説明していきますね!

2.tsumiki証券で投資信託へポイント投資

(出典:tsumiki証券

最初にご紹介するのは、tsumiki証券を使ってポイントで投資信託を購入する方法です。

tsumiki証券は、エポスカード会員のみ利用できる証券会社です。

tsumiki証券の公式サイトはこちら

(1)tsumiki証券でポイント投資

tsumiki証券でポイント投資に利用できるエポスポイントは100ポイントからで、上限はありません。

エポスカードの種類(エポスカード、エポスゴールドカードなど)を問わず利用できます。

投資信託を解約して引き出すときは、現金が返ってきます。

エポスカード登録の金融機関に振り込まれ、振込手数料は無料です。

tsumiki証券の主なサービスは、エポスカードで決済する「カードでつみたて投資」ですが、ポイント投資は積立投資とは別枠でおこないます。

「カードでつみたて投資」にエポスポイントの利用はできないためご注意ください。

エポスカード

(2)tsumiki証券の取扱銘柄

投資がはじめての方にも選びやすいよう、tsumiki証券では4種類の投資信託のみを取り扱っています。

[tsumiki証券の取扱銘柄]

銘柄名 特徴
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 分散安定型
国内約10%、海外約90%
株式50%、債券50%
セゾン資産形成の達人ファンド 世界成長型
国内約12%、海外約88%
株式100%
コモンズ30ファンド 国内安定型
国内100%、株式100%
ひふみプラス 未来応援型
国内約90%、海外約10%
株式100%

(参考:tsumiki証券、2021年2月26日現在)

どの銘柄に投資したらよいか、迷わなくて済みますね!

(3)tsumiki証券を利用するには?

ポイント投資をはじめるには、tsumiki証券のサイトから口座開設をおこなう必要があります

申し込みから1週間前後で口座開設がおわり、数日後に必要書類(簡易書留)が届けば手続き終了です。

※tsumiki証券でつみたてNISAをされる方は、さらに2週間程度時間がかかります。

tsumiki証券の公式サイトはこちら

3.口座開設不要!エポスポイント投資でポイント運用

次に「エポスポイント投資」サービスでのポイント運用についてご紹介します。

エポスポイント投資は、エポスゴールドカード・エポスプラチナカードの会員限定のサービスになります。

(1)エポスポイント投資とは

サービス名に「投資」という言葉が入っていますが、エポスポイント投資は厳密な意味での投資ではありません。

エポスポイント投資は、ポイントを使って投資の疑似体験ができる「ポイント運用サービス」になります。

運用に使えるポイント数は、100ポイント~30,000ポイントまでです。

またエポスポイント投資から引き出すときは、現金ではなくエポスポイントが返ってきます。

(2)エポスポイント投資で選べる4つのコース

エポスポイント運用には4つのコースがあり、tsumiki証券で取り扱う投資信託の値動きに連動しています。

[エポスポイント運用のコース]

コース名 連動している投資信託
はじめてコース セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
よくばりコース セゾン資産形成の達人ファンド
げんせんコース コモンズ30ファンド
わくわくコース ひふみプラス

実際の投資信託に連動しているため、より投資に近い体験が味わえますね!

(3)エポスポイント投資の利用方法

サービスはエポスカードの会員専用のネットサービス「エポスnet」の「ポイント投資」メニューから利用できます。

またスマホでは、エポスカードの専用アプリから利用可能です。

エポスポイント投資はゴールドカード、プラチナカード限定サービスです。

普通のエポスカード会員の画面には「ポイント投資」メニューが表示されません。

会員サイト「エポスnet」にログインする

4.tsumiki証券とエポスポイント投資、どちらがおすすめ?

エポスポイントで投資・運用ができる2つのサービスについてご紹介してきました。

実際にはどちらがおすすめなのでしょうか?

エポスカード

(1)tsumiki証券はこんな方におすすめ

tsumiki証券がおすすめなのは、以下のような方です。

  • エポスポイントを使って、実際の投資や資産形成をしたい方
  • 手元にまとまった資金がないけれど、投資をはじめてみたい方
  • いずれはポイントを現金にしたい方

エポスポイント投資との違いは、買い付けた投資信託を売るとポイントを現金にできることです。

ポイントを資産として貯めたい方には、tsumiki証券の利用をおすすめします。

(2)エポスポイント投資はこんな方におすすめ

エポスポイント投資がおすすめなのは、このような方です。

  • すでにゴールドカード・プラチナカードをお持ちの方
  • 投資に不安があり、まずはポイントを使って投資を勉強したい方
  • マルイやモディでよく買い物するなど、増えたエポスポイントを使う機会のある方

エポスポイント投資では、ポイントを運用してもポイントのまま返ってきます。

エポスポイント投資でポイントを運用をはじめ、慣れたらtsumiki証券のポイント投資にチャレンジするのもよいですね!

エポスカード

5.年会費無料!エポスカードのメリット3選

最後に、エポスカードについて解説しますね。

[エポスカードの種類]

カードの種類 年会費 特典
エポスカード 無料 海外旅行保険の自動付帯をはじめとする各種特典
エポスゴールドカード 5,000円 上記に加え、空港ラウンジ・レストランなどの優待
エポスプラチナカード 30,000円 上記に加え、プライオリティ・パス無料登録
空港ラウンジの同伴者1名まで無料

エポスカードのメリットは、以下のとおりです。

エポスカードのここがおすすめ!
  • お金をかけずポイント投資できる
  • 海外旅行保険が自動付帯となっている
  • エポスカードを見せるだけで割引がある

もう少し詳しく解説しますね。

(1)お金をかけずポイント投資できる

ポイント投資のしくみについて、これまでご説明してきました。はたして投資できるほどのポイントは貯まるのでしょうか?

エポスカードの利用や、tsumiki証券の「つみたてカード投資」でポイントが付与されます。

また、それ以外にもポイントを貯める方法はたくさんあります。

たとえばECサイトを利用するとき、エポスNetのポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由するとおトクです。

Amazonや楽天では2倍、他のECサイト(400ショップ以上)でも2倍〜30倍のエポスポイントが貯まりますよ。

(2)海外旅行保険が自動付帯となっている

カードの特典で、海外旅行保険が自動付帯されます。

自動付帯とは、旅費の決済にエポスカードを利用しなくても、自動的に保険が適用されることです。

他のクレジットカードの旅行保険では、旅費にカードを使ってはじめて保険が適用される「利用付帯」がほとんどです。

エポスカードなら持っているだけで安心ですね。

(3)エポスカードを見せるだけで割引あり

さらにマルイやモディによく行く方には、エポスカードの利用を強くおすすめします。

レストランやカフェでカードを提示するだけで、5〜10%割引されるお店もありますよ!

この他にもエポスカードを見せるだけで割引になるお店や施設が多数あり、評判もよいです。

口コミをご紹介しますね。

https://twitter.com/lesucre_miel/status/1350971548195282947

カラオケ30%オフは大きいですね!

エポスカード

まとめ

エポスポイントを使ったポイント投資と、ポイント運用について解説しました。

エポスカードのポイントで投資や運用ができることを、まだご存じなかった方も多いのではないでしょうか。

この機会に、ぜひエポスポイントでポイント投資をはじめてみてくださいね!

エポスカード

※ライター:鳥飼千愛

 

坂上 太一

坂上 太一公認会計士

記事一覧

【監修者】投資運用会社などのへコンサルティング業務を経験したのち、公認会計士としてM&A戦略策定支援、投資実行支援、IPO支援業務等を行っている。

関連記事

PayPay証券

LINE証券

三井住友カード(NL)

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ