バイナリーオプション・ハイローは危険性大!?理由を解説!

取引ルールが比較的簡単で、場合によっては1日で投資した金額の2倍以上のリターンが期待できる「バイナリーオプション」

別名「ハイロー(high&Low)」とも呼ばれている投資手法の一つですが、うまくいけば利益が多い分、非常に「ハイリスク」、つまり危険性が高いことで有名です。

とはいえ、そういわれている「理由」を知らなくては実際のところは判断できませんよね。

今回は、バイナリーオプションについて、どんな点が支持されていて、逆にどんな点が「危険性が高い」と言われているかを見ていきましょう。具体的には、

・バイナリーオプション・ハイローの概要
・バイナリーオプション(ハイロー)のメリット・デメリット
・バイナリーよりもおすすめできる投資手法

以上について解説していきます。

これからバイナリーオプションに挑戦しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

▼10万円から投資をするなら?こんな記事もチェック▼

バイナリーオプション、ハイローって何?

バイナリーオプション ハイロー3バイナリーオプション、通称「ハイロー(high&low)」とは、FXの投資手法の一つ。

為替レートがある時点より「高い(high)」か「安い(low)」かを予想する投資法

為替レートのある時点を基準として、一定時間後にそのレートよりも「円安」か「円高」かを予想して「チケット(参加券)」を購入。

予想が当たると、持っているチケット数に応じて、一定のボーナスが支払われるしくみです。

逆に、予想が外れると、予想する際に購入したチケット分の金額が損失となります。

バイナリーオプションが初心者でも取り組みやすい理由

バイナリーオプションが初心者でも取り組みやすい理由として、以下の3点がよく挙げられます。

1.取引ルールがシンプルでわかりやすい

バイナリーオプションは、通常のFXと比較して取引ルールがシンプル

チケット購入後はどのタイミングで売るか、買うかによって損益が変わる、といった駆け引きはありません。

初心者にとっては、「高くなる」か「安くなる」かを予測するだけでOKというルールが分かりやすく、取り組みやすいと言えます。

2.レバレッジがなく、投資額以上の損失が生まれない

バイナリーオプションには「レバレッジ」はありません。

ハイローの予測に失敗したとしても、損失は購入したチケットの金額のみ。投資額以上の損失は生まれないため、今持っている資金を超えた、追加の支払いがないという点が、初心者にも受け入れやすくなっています。

3.取引時間が短い(2~3時間で結果が出る)

バイナリーオプション(ハイロー)は、取引時間が短いのも特徴です。

一般的な「投資」は、取引時間が長いものも多く、デイトレードのような手法でなければ結果が出るまでに時間がかかります。

証券会社に決められた「取引時間」内でチケット購入~支払いまで全て完了

一方、バイナリーオプションの場合は取引時間がきっちり決められており、チケット購入終了後、判定時間から支払い時刻までのスパンが非常に短く設定されているのが特徴。

時間の設定は証券会社によって異なりますが、2~3時間で取引開始~支払いまで終了するケースも多く、早く結果を出したい方に支持されています。

バイナリーオプションが初心者には危険な理由

メリットが多く見えるバイナリーオプションですが、ものごとには「デメリット」面もついてくるもの。

バイナリーオプションが初心者には「危険性が高い」と言われている理由を見てみましょう。

1.投機性が高い

資産運用における「投機」とは、市価の短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引のこと。

バイナリーオプション(ハイロー)は、まさに「投機」です。

例えば、ある程度の期間で見ると「上がる」と予想できるシーンであっても、2時間程度の超短期では、予想とは異なる値動きをするケースも十分に考えられます。

取引時間が短ければ短いほど正確な読みは難しくなる

投資は短期であればあるほど、正確な値動きが予想しにくくなり、投資というよりは、ややギャンブルに近い「投機」になってしまうのです。

初心者にとって、超短期での値動きの予想はむずかしく、一見簡単に見えてもなかなか結果が得られない方が多くなるのは、その投機性の高さゆえと言えるでしょう。

2.1回の「利益額」よりも「損失額」の方が大きくなりやすい

バイナリーオプションでは1回の利益よりも、1回失敗した際の損失額の方が大きくなりがちです。

安全なチケットは利益がわずか、リターンを大きく狙うとハイリスク

たとえば、ほぼ予測値に着地するだろうと予測される「安全」なチケットは、利益額に近い金額で取引され、予想が当たっても、ほぼ利益はありません。

一方で、安く取引される「ハイリスク」なチケットは、利益額との差は大きいものの、予測が外れる可能性が高く、結果的にチケット購入分が損失となってしまいます。

結果的に、コツコツローリスクで利益を出して取引したとしても、一回の失敗で利益の何倍もの価値を持つ「チケット購入分」の損失が出てしまいます。

ハイリスクな取引を繰り返した場合については、言わずもがな……でしょう。

どう転んでも、普通に取引しているだけでは利益よりも損失が大きくなりやすい、というのが、初心者には危険だと言われる大きな理由です。

3.詐欺ツールや悪質業者が横行している

国内の大手証券会社で取引をしていればこの点に関しては安全ですが、一部の海外の業者は悪質な場合も多く、取引の利益を出金できない、というトラブルが少なくありません。

また、国内においても、詐欺ツールが横行していると言われており、投資初心者が「簡単に稼げる」といううたい文句に惹かれて詐欺被害に遭うケースが後を絶ちません。

初心者にとって、詐欺や悪質業者をなかなか見分けられないというのも、バイナリーオプションに関わる危険性の一つと言えます。

バイナリーよりもリスクを抑えられるCFDとは?

バイナリーオプション ハイロー2バイナリーよりも投機性が低く、リスクを抑えた取引がしやすい投資手法として「CFD」があります。

取引開始・終了までの「投資商品の価格差」で利益を得る投資法

CFD(差金決済取引)とは、金や穀物、為替、原油などの商品に対して、「取引開始」から「取引終了」までに生じた価格差で利益を得る投資手法です。

ちなみに、バイナリーオプションの元になっている「FX」は、為替のCFDですが、取引の自由度やリスクの度合いなど多くの点において異なります。

投資初心者でもCFDが取り組みやすい理由

ここでは、投資初心者でもCFDが取り組みやすい理由を3点ご紹介します。

1.少額から取り組める

CFDと聞くと「大きな資産が必要」なイメージがあるかもしれませんが、実は少額から投資できる手法の一つです。

取引金額にもよりますが、最小では1万円程度の資金からスタートOK。

まずは少額からコツコツ投資をしていきたい初心者の方でも、取り組みやすくなっています。

2.レバレッジを上手に使えば効率的な投資が可能

CFD取引における「レバレッジ」とは、準備した投資資金を担保として、何倍もの金額の取引を行うことです。

日本国内では、商品によっては、最大で25倍ものレバレッジをかけて投資が可能。

自己資金の25倍ものお金を動かせるとなると、それだけリターンが大きくなります。

許容できるリスクとリターンのバランスをとることが大切

ただし、当然ながら、自己資金の何倍ものお金を動かせるとなると、損失も何倍もの金額になります。

リスクとリターンのバランスをとりながら、余剰資金で上手に投資していくことで、効率よく投資ができるのがCFDの魅力です。

3.さまざまな商品に対して分散投資ができる

CFDの対象となる商品は、金やプラチナ、株価指数、穀物、原油から為替まで、多岐に渡ります。

例えば、社会情勢への不安感から、ある国の為替や株式が暴落したとします。

そういった時には、世界的に価値が変わりにくい「貴金属」を購入する層が増えるため、両方に投資をしておけば、一方が落ちても、一方がカバーできるのです。

バイナリーオプションでは分散投資の考え方は難しいですが、CFDは上手に分散投資を行うことで、初心者でもリスクを最小限にしながら資産運用可能。そういった点が「初心者でもやりやすい」と評価できますね。

CFD取引におすすめの証券会社は?

バイナリーオプション ハイロー4ここでは、初心者でも効率よく資産を増やせる「CFD取引」におすすめの証券会社を2つご紹介します。

1万円からCFDができる!PayPay証券

PayPay証券は、株価指数に特化した、スマホから簡単に取引できるCFDが魅力の証券会社。

最低1万円程度の資金からCFDが始められます。

はじめてのCFDにぴったり!初心者OKのスマホアプリ投資ができる

日本の個別株の株価指数に投資する「日本株CFDアプリ」では、最大5倍、「10倍CFDアプリ」では、米国株市場や日本株市場に対して最大10倍の金額が動かせます。

CFD取引に慣れている方にとっては物足りないかもしれませんが、CFD初心者にとっては「少額OK」「限られた選択肢から選べる」ということで、非常にやりやすいと言えます。

アプリから気軽に「スマホ投資」を始めてみたい方に、イチオシの証券会社です。

PayPay証券

国内最大手、手厚いサポート体制・GMOクリック証券

幅広い銘柄の中から、自分が投資したいCFD商品を見つけたい! という初心者の方におすすめなのが「GMOクリック証券

国内CFD業者屈指の取り扱い銘柄数を誇る、初心者にやさしい証券会社

国内CFD業者では屈指の取り扱い銘柄数を誇り、分散投資に適しています。

さらに、初心者にうれしいのが「24時間サポート」が無料でついてくるところ。

取引ツールも「スマホ」「PC」両方選べて、初心者からスタートして、慣れてきてもずっと使える優良な証券会社です。

まとめ

バイナリーオプションは取引ルールがシンプルで分かりやすく、一見すると初心者でも取り扱いやすい投資手法と思われがちです。

ですが、安易な考えでしっかりとしたリサーチなしに投資を始めると、利益よりも損失が大きくなってしまうケースも。

小さな資金から大きく稼ぎたいのであれば、バイナリーオプションよりも投機性が少なく、初心者でもリスク分散しながら投資に取り組みやすい「CFD」が断然おすすめです。

まずは気になった証券会社で口座を作り、少額からの投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

PayPay証券 

※ライター:井上美有

森 陽平

森 陽平公認会計士・税理士

記事一覧

【監修者】金融機関等へのコンサルティング業務を経験し、ベンチャー企業において、IPO支援、投資戦略策定を行い、 M&Aや会計コンサルティング業務、投資・資産運用に対するアドバイザリー業務を行っている。

関連記事

PayPay証券

LINE証券

三井住友カード(NL)

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ