10万円からはじめる少額投資!初心者におすすめの資産運用法を解説

投資でお金を増やしていきたい、と思った時、まずは「10万円」を元手として考えている方は少なくありません。
たった10万円、と感じるかもしれませんが、中には「10万円」からコツコツ元手を増やし、資産を1億円以上まで成長させた投資家の方も存在します。

資産運用は一見難しく感じるかもしれませんが、自分に合った方法でしっかり向き合っていけば、今あるお金を増やしていくのに最適な方法と言えます。

今回は、10万円を元手に資産運用する際にポイントとなる以下の3点について解説します。

・どのくらい増やせるのか
・どんな方法があるのか
・自分にはどんな方法が合っているのか

10万円から投資でお金を増やしていきたい、と考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

▼まずは1万円からお金を増やしたい方はこちら▼

10万円から投資可能!人気の資産運用法4選

10万円投資 (1)投資初心者なら、まずは10万円から始められる投資方法としてどんなものがあるのかを知りましょう。
少額投資でもOKなおすすめ資産運用法は、以下の4つです。

10万円からできる投資法4選
  1. 債券(国債)
  2. 投資信託
  3. 株式投資
  4. FX・CFD

1.債券(国債)

最もリスクが低く、銀行預金よりも高い利回りで資産運用できる手法としては「債券(国債)があります。個人でも購入できる「個人向け国債」は、簡単に言えば国への投資。
イメージとしては、一定期間国にお金を投資して、期限が来たら利子をつけて返してもらえる金融商品です。

1万円からリスクなしで投資できる、定番投資先

令和3年4月30日時点での国債の利回り(令和3年4月5日~30日募集のもの)と最低取引金額は、以下の通りです。

・利回り……0.05(固定金利)~0.08%(変動金利)
・最低取引金額……1万円

最低「1万円」から国債を購入できて、元本割れなし。
リスクなしで投資ができる方法として人気です。

2.投資信託

投資信託、別名ファンドとは、簡単に言えば「投資家」から預かったお金を「運用のプロ」が株式や債券などに投資、資産運用する金融商品です。
少額から始められる上に、投資信託の商品によっては個人では投資しにくい規模や国、地域の株式などにも投資可能です。

100円から投資OK!投資のプロにお任せできる金融商品

投資信託の最低取引金額は証券会社によって異なります。
「1,000円」や「1万円」が多いですが、楽天証券のように「100円からOK」な証券会社も。

「米国株に投資」「日本の中小企業中心に投資」など、投資の傾向別に多種多様な投資信託商品が用意されていますので、その中から自分の投資したいものを選べばOK。

投資信託では定番の、手堅い「インデックスファンド」でも、利回り3~5%程度は期待できるでしょう。

3.株式投資

株式投資は、自分が投資したい「株式会社」が発行する株を購入し、その銘柄の値動きによって利益を得る投資手法です。

1株単位(数百円~)から取引可能な「ミニ株」も人気

株式投資は大きな資金が必要、というイメージを持っている方も多いですが、最近では単元未満株(ミニ株)の取り扱い証券会社も増えてきており、1株単位での取引が可能です。

銘柄によっては、1株数百円で購入できることもありますので、最低取引金額は数百円から。
1,000円もあれば、投資を始められます。

銘柄にもよりますが、株式投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資手法。
年利10%前後の利益が期待できる一方で、銘柄選びに失敗すれば、それだけ損をしてしまうことも十分に考えられます。
まずは10万円満額ではなく、1万円などの少額からチャレンジしてみるのが良いでしょう。

4.FX・CFD

CFD(差金決済取引)は、原油や貴金属、穀物や貨幣などの「取引開始時点」と「取引終了時点」の金額差によって利益を得る投資手法です。
CFDの場合、現物の取引は不要で簡単に様々な資源・資産に投資できるのが魅力。

CFDの中でも人気なのは、外国為替の値動きで利益を得る「FX」です。
少ない資金からでも、レバレッジをかければ大きなリターンを狙えるため、ハイリスク・ハイリターンを狙う方に人気となっています。
どちらかといえば「短期」で結果を出したい方向けの投資先です。

1通貨からでも購入OK!最低数円~数千円の資金から始められる

CFDで人気の「FX」を例にすると、最低取引単位が1,000通貨以上の証券会社がほとんどの中、1通貨からOKという会社も存在します。

その場合、米ドルを取引したいのであれば、相場にもよりますが、レバレッジを最大までかければ、わずか数円の資金からスタート可能。

もちろん、損をした時には最初に設定した資金以上の損をする可能性もありますが、「ハイリスク」をとっても「ハイリターン」を狙いたい方にはぴったり。
利回り10%~20%、もしくはそれ以上も狙える可能性を秘めた投資先です。

10万円を10年間運用したらどれくらい増える?シミュレーションしてみた!

投資方法によって、リスクの大きさやリターン(利回り)の大きさは変わります。
では、実際に10万円を10年間運用した場合、年利が1%、3%、10%、20%の場合でどのように変わってくるのかをシミュレーションしてみました。

年利

1%

3%

10%

20%

資産額(税引き前)

110,462円

134,392円

259,374円

619,174円

元本

100,000円

100,000円

100,000円

100,000円

利益

10,462円

34,392円

159,374円

519,174円

参考(外部リンク):野村証券|マネーシミュレーター「みらい電卓」~運用編

年利1~3%でも1万円以上の利益に

表にしてみると、年利1~3%の利回りでも、最終的には1万円~3万円超の利益に。元本が10万円ということを考えると、お金がしっかり「増えた」実感があります。

1%の利回りでも銀行に預けるより「1,000倍」の利益が出る

銀行預金で資産運用していると、メガバンクでは年利0.001%程度が多数。
10万円預けていたとしても、時間外にATM取引をしただけで、簡単に年利を上回る手数料が発生します。

それと比較すると、たとえ1%の利回りだったとしても、1年目から銀行預金の1,000倍の利益が出るのは嬉しいですね。

10%の利回りでは「元本以上」に利益が大きくなる

10%以上の利回りを見てみると、10年後の利益を抜粋すると以下の通りです。

・10%……159,374円
・20%……519,174円

利益「だけ」で元本の10万円を軽く上回る結果となりました。
これだけ増えると「大きくお金を増やした」と言えるのではないでしょうか。

毎年発生する利益をまた元手にして再投資していくと、どんどん投資の元手が増え、最終的には、毎年同じ利回りであってもお金が大きく増えていきます。
一方で、たとえ20%の利回りであっても、1年しか投資をしていなければ利益は2万円のみ。

基本的に、投資は長期で行えば行うほどトータルリターンは安定していくもの。
迷っているなら、まずは少しでも早く投資に挑戦してみるのがおすすめです。

10万円をどう増やす?投資方法の決め方

10万円 投資 110万円を元手にお金を増やしていくのであれば、投資方法は「自分がどの程度のリスクを許容できるか」を頭において、決めましょう。
投資にまわしたお金をある程度まで守る必要があるのか、それとも投資額以上の損をするリスクをとって、大きなリターンを狙っていくのか。

許容できるリスク別に、おすすめの投資法を整理してみました。

1.リスクはとらずにコツコツお金を増やしたい……債券(国債)

リスクはとらずに堅実にお金を増やしたい方には「債券(国債)」が最適です。
国債は元本保証があるため、満期までしっかり保有していれば損をすることがありません。

大きな利益を得ることはできませんが、銀行に預けるのはもったいない……という場合は、国債を購入してみましょう。
分散投資として、10万円の元手のうち、一部のみを国債購入にあてるのも良いですね。

2.最小限のリスクで手堅く利益を得たい……投資信託

リスクはなるべく小さく、手堅く利益を得たい方には「投資信託」がぴったりです。
手堅い運用先を見つけて、長期でじっくり投資を行えば、年利数%の利益は見込めます。

たとえば、冒険をせず、手堅く運用したい方には「インデックスファンド」が低コストで人気です。

もちろん、リスクを高めにとって積極的なトレードを行う設定の投資信託も存在しますので、自分の目的に応じてファンドは選んでくださいね。

▼投信の「積立投資」でポイント還元!▼

3.中程度のリスクをとりながら、リターンもある程度欲しい……株式投資

ミドルリスク・ミドルリターンを狙うなら「株式投資」です。
株式投資は、購入した銘柄の値動きによっては損をする可能性はありますが、投資した資金以上の損失はありません。

上手に先を見ながら投資を行っていけば、10%前後の利回りも見込めます。

まずは身近な銘柄を購入し、株式投資の「感覚」を掴んでみることからスタートしてみてはいかがでしょうか。

▼10万円以内で買える高配当株も紹介▼

4.ハイリスク・ハイリターンでお金を大きく増やしたい……CFD・FX

投資にまわした金額以上の「損」が出る可能性も受け入れた上で「大きなリターン」が欲しい、という方には「CFD・FX」での投資手法がぴったりです。

CFDやFXは、実際に投資した金額の何倍ものお金を動かせる「レバレッジ取引」が可能。
うまくいけば、年利10%を超える利益が得られる可能性があります。

ただし、ハイリターンにはハイリスクがつきもの。
万が一損をした場合に、支払いができない金額になってしまうような取引は控え、自分が対応できる範囲でのリスクを取り、最大限のリターンを狙っていきましょう。

▼CFDのコストを比較!▼

まとめ

100円からでも投資ができる時代となった今、10万円をかけて投資に挑戦するのは非常に価値があると言えます。
余剰資金としての「10万円」を投資していくことはもちろんですが、その中でもどの程度のリスク・リターンを狙っていくかで投資法は変わります。

10年後に投資額が何倍もの利益となる「ハイリターン」を狙うなら、「ハイリスク」な方法を、逆に、大きくお金を増やせなくても「元本保証でコツコツ増やす」方法を選んでいくのが基本です。
もちろん、運用資金を分散して投資を行うのも良い選択肢ですね。

まずは気になる証券会社に口座開設を行い、自分がとれるリスクに見合った投資法で「おためし投資」をしてみてはいかがでしょうか。

※ライター:井上美有

Betmob|投資家ブログまとめメディア



渡辺 広康

渡辺 広康公認会計士・税理士

記事一覧

【監修者】在学中に公認会計士資格を取得。金融機関等へのコンサルティング業務を経験し、M&Aや会計コンサルティング業務、投資・資産運用に対するアドバイザリー業務を行っている。

関連記事

LINE証券

SBIネオモバイル証券

PayPay証券

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ