給料が少なくても貯金を増やすコツは?証券会社×銀行で預金金利がアップ!

給料が少ないとなかなか貯金も増やせず、将来に不安を感じる方も多いですよね。

近年の調査によると、貯金が少ないどころか「全くない」という世帯も少なくないようです。

しかし低収入でも効率よく貯金できる方法があります!

それは、証券会社と連携した銀行で、金利が高めの普通預金や定期預金にお金を預けることです。

一般的な銀行に比べ、100倍もの金利がつくケースもあるんですよ。

そこで今回は、日々貯金や投資に励んでいる金融ライターが、給料が少ない方でも効率よく貯金するためのコツを解説します。

貯金に適した金融機関の組み合わせもあわせて紹介しますので、ぜひあなたの家庭でも取り入れてみてくださいね。

▼▼20代はどれくらい投資をしているの?こちらの記事でチェック!▼▼

楽天証券

「貯金がない」世帯は、単身4割弱・ファミリー2割弱!

給料 貯金 少ない

そもそも一般の家庭では、いったいどれくらい貯金しているのでしょうか?

金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査(2020年)」の調査によると、単身世帯の36.2%、2人以上世帯の16.1%が「貯金なし(金融資産非保有)」という結果になりました。

意外なほど多くの世帯で貯金ができていないことが分かりますね。

単身世帯よりも貯金ができているファミリー世帯でも、20代〜30代は教育資金や住宅資金で何かとお金がかかる時期。

出費が多い中でも、将来や万が一の際の備えとして、上手にお金を貯める工夫をすることが大切です。

少ない給料で貯金を増やすコツは「計画性を持つ」「お金に働かせる」

少ない給料で貯金を増やすコツは、大きく分けて2点あります。

  1. 計画性を持つ
  2. お金に働かせる

意識はしていても「なかなか実現できていない!」という方は多いかもしれません。

しっかり行動に移すコツをお伝えしましょう。

(1)計画性を持つ

計画性を持ってお金をやりくりすれば、貯金は自然と増えるもの。

例えば、以下のポイントに気をつけ、実施していくだけでも貯金しやすくなります。

  • 予算を決める
  • 先取り貯金を行う
  • 家計簿をきちんとつける
  • 将来必要な額を計算し、逆算で貯める計画を立てる など

どうしてもお金の管理が苦手で、細かく管理できない方に最適なのが「先取り貯金」

先取り貯金とは、毎月一定額を事前に貯蓄用の口座に移動させ、残ったお金で生活費をやりくりする貯蓄法です。

先に貯金するべき金額を別口座に移しておけば、使えるのは残りの金額だけですから、細かく管理しなくても自然と貯金は増えていきます。

(2)お金に働かせる

ある程度の金額を貯金できる見通しがたったら、次はそのお金を元手に増やす、つまり「お金を働かせる工夫」をしてみましょう。

お金に働かせる方法は様々ですが、次の方法がスタンダードです。

  • 高金利の銀行に預ける(元本保証)
  • 個人向け国債を購入(元本保証)
  • 株式投資
  • FX
  • 投資信託(運用をプロに任せる投資) など

貯金が少ないうちは、いきなりハイリスク・ハイリターンのFXや株式投資を行うより、「高金利の銀行口座」での貯金や「個人向け国債」などがおすすめです。

余裕が出たら投資にチャレンジしてみてもいいですね。

▼▼個人向け国債など、資産の種類について知りたい方はこちら▼▼

SBI証券

「高金利の銀行口座」で少ない給料を効率的に貯金!おすすめ銀行3選

給料 少ない 貯金

預金を効率的に増やしていくためにおすすめしたいのが、高い金利がつく預金口座の活用です。

現在メガバンクなどの普通預金金利は、年0.001%程度です(税引前。2021年3月5日現在)。

ですが特定のネット銀行なら、関連する証券会社の口座と連携させるだけで、年0.1%前後の高金利となります。

貯金でお金を増やしていきたい方にとっては、活用しない手はありません!

そんな証券口座×銀行の代表的な組み合わせは、次の3つです。

単純に金利を比較すると、GMOクリック証券とGMOあおぞらネット銀行の組み合わせが有利ですね。

しかし将来的に投資を検討するなら、証券会社自体の使い勝手も重要です。

ではそれぞれの組み合わせについて、その特徴やメリットを紹介していきましょう。

(1)楽天証券×楽天銀行「マネーブリッジ」

楽天銀行

「マネーブリッジ」とは、楽天証券と楽天銀行を連携させることで利用できるお得なサービスです。

特典は2つあり、ひとつは楽天銀行の普通預金金利が、通常の5倍である「年0.1%(税引前)」になること。

最近は定期預金でも0.002%程度なので、0.1%はかなり驚異的な金利です!

もうひとつは、楽天証券口座にお金を自動入金・出金できる「スイープサービス」が使えること。

これは楽天証券で投資をする際に非常に便利な機能です。

今後投資を考えているなら、まずはマネーブリッジに申し込んでおくといいでしょう。

申し込み方法は簡単。楽天銀行と楽天証券の口座を両方開設し、マネーブリッジ設定をWEBから行うだけです。

どちらも口座を開設するだけで特典が適用されますので、まだ投資をしたくない方でも安心して利用できますよ。

楽天証券

楽天証券のオススメポイント

楽天証券は、楽天ユーザーにうれしい特典が多数ある証券会社です。

ポイントの運用や投資も可能なので、気軽に投資に取り組めます。

楽天証券のオススメポイントは、以下の4点です。

楽天証券のメリット
  • 銘柄ラインナップが豊富!取り扱い本数2,700本超
  • 楽天ポイントとの連携で、多数のお得なポイントサービスあり
  • 月々100円から投資信託が始められる
  • ポイント投資にも対応

投資初心者でもわかりやすく操作画面で、少額から投資ができるハードルの低さが魅力です。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

楽天証券

(2)SBI証券×住信SBIネット銀行「SBIハイブリッド預金」

住信SBIネット銀行

SBI証券と住信SBIネット銀行(NEO BANK)の口座連携によって使えるのが、「SBIハイブリッド預金」。

このSBIハイブリッド預金は、0.01%(税引前)という高金利に加え、毎月利払いがある点が大きなメリットです。

住信SBIネット銀行の口座から、SBIハイブリッド預金にお金を振り替えておくだけで、その残高に応じて毎月金利が受け取れます。

金利では楽天銀行やGMOあおぞらネット銀行に劣りますが、できるだけ早いスパンで金利を受け取りたい方にはおすすめです。

SBI証券

SBI証券のオススメポイント

SBI証券は、主要ネット証券の中では口座開設数No.1(2020年9月時点、SBI証券調べ)の実績を持つ大手ネット証券会社です。

SBI証券のオススメポイントは、以下の通り。

SBI証券のメリット
  • 利用しているユーザーが多く、安心感がある
  • 日本株だけでなく外国株の取扱銘柄数も多い
  • 主要ネット証券随一の「つみたてNISA対象商品数」
  • Tポイントが貯まる・使える

SBI証券は取り扱っている株式数や、つみたてNISAの対象商品数の多さが魅力で、高機能なツールであなたの投資をサポートします。

日本株だけではなく外国株に興味がある方、つみたてNISAを検討している方は、SBI証券を利用するといいでしょう。

SBI証券

(3)GMOクリック証券×GMOあおぞらネット銀行「証券コネクト口座」

GMOあおぞらネット銀行

GMOクリック証券・GMOあおぞらネット銀行の連携サービス「証券コネクト口座」は、今回紹介する中で一番高い年0.11%(税引前)の金利で貯金できます。

GMOあおぞらネット銀行の普通預金金利は0.001%(税引前)なので、なんと110倍! 破格の待遇です。

とにかく金利が高い口座連携サービスを選ぶなら、断然おすすめの銀行・証券会社ですよ。

GMOクリック証券のオススメポイント

GMOクリック証券は、手数料が安いほか、ツールの開発力でも人気を集めています。

とにかく「わかりやすさ」「使いやすさ」を追求した、ユーザーフレンドリーな証券会社です。

GMOクリック証券のオススメポイントは、以下の通りです。

GMOクリック証券のメリット
  • 取引コストが安い!手数料は業界最安値水準
  • FX、株式等商品ごとに豊富な取り扱いツールあり
  • CFD商品の取り扱いが豊富
  • シンプルで使いやすいUI(ユーザーインターフェイス)

GMOクリック証券の取引コストの安さは有名ですが、実はユーザーにやさしい分かりやすさ、ツールの豊富さもメリットとなっています。

将来的にはツールを活用しながら、しっかり投資を行ってみたい方におすすめです。

まとめ

給料が少なくてなかなか貯金ができない方は、まずはお金の管理を見直してみましょう。

貯金ができる見通しが立てば、預金金利が高い銀行でこつこつ貯めていくのが堅実です。

そしてある程度貯金できるようになったら、少額から投資を始め、将来に向けて資産形成していくといいでしょう

今回ご紹介した高金利な銀行口座は、すべて証券会社との連携が必要です。

「金利」と「提携する証券会社の魅力」をチェックした上で、まずは気になる証券会社の口座開設をしてみてくださいね。

※ライター:井上美有

===========

MoneyCourt(マネーコート)は、少額投資や株式投資の最新情報を提供しています。

こちらの記事もぜひチェックしてくださいね!

森 陽平

森 陽平公認会計士・税理士

記事一覧

【監修者】金融機関等へのコンサルティング業務を経験し、ベンチャー企業において、IPO支援、投資戦略策定を行い、 M&Aや会計コンサルティング業務、投資・資産運用に対するアドバイザリー業務を行っている。

関連記事

PayPay証券

LINE証券

三井住友カード(NL)

DMM FX

LINE証券

カテゴリー

人気記事

アーカイブ